升永ブログ

升永ブログ

民主主義

Category
【1人1票裁判】大法廷弁論が行われました(2017/07/19)
449

【1人1票裁判】大法廷弁論が行われました(2017/07/19)

7月19日(水)午後1時30分に大法廷弁論が行われました。 2011年、2012年の最高裁の画期的な各判決が出る前は、弁論の中心は、国民主権、多数決原理を定めた憲法の文理解釈から導かれる1人1票の原則でしたが、2011~2015年の最高裁の各大法廷判決を経て、憲法学者の間でも、1人1票の原則が有力説となったこと(「・・...
【1人1票裁判】大法廷弁論は7月19日(水)午後1時30分です
1220

【1人1票裁判】大法廷弁論は7月19日(水)午後1時30分です

2016年参院選(選挙区)に関する1人1票裁判の弁論は、7月19日午後1時30分からです。 Ⅰ 弁論での口頭陳述者の陳述のテーマは以下のとおりです。 ① 弁護士 升永 英俊「違憲状態の選挙で当選した国会議員は、国会活動を行う正統性がない。」 ② 弁護士 久保利 英明「一人一票同一価値は、国家ガバナンスの根本原理である。...
【拡散希望】朝日新聞に一人一票実現国民会議の意見広告掲載(11/28-30)
623

【拡散希望】朝日新聞に一人一票実現国民会議の意見広告掲載(11/28-30)

【大拡散希望】 朝日新聞(全国版)朝刊・国際面下に、下記の内容の意見広告が掲載されます。 地域によって掲載日が異なります。 最終日の明日は、東京版です。 2016/11/28 九州、中国、四国、中部、北海道(掲載済み) 同11/29 近畿 (掲載済み) 同11/30 関東、東北 今回は、0.6票君による問答形式です。 ...
【拡散願】本日、日経新聞38面(第2社会面下)に言論の自由と一人一票に関する意見広告が掲載されました
1140

【拡散願】本日、日経新聞38面(第2社会面下)に言論の自由と一人一票に関する意見広告が掲載されました

意見広告は、 自民党改憲案21条2項は、実質的に、現憲法の言論の自由を否定する点で、中国憲法51条と同じである、 自民党改憲案47条は、人口比例選挙を否定している、 と唱えています。 日経読者には、中国憲法51条の指摘は、初めてです。 日経新聞意見広告PDFはこちらクリックしてをご下さい →  日経新聞20161031...
日刊ゲンダイ 憲法改正・一番怖ろしいのは緊急事態条項
1906

日刊ゲンダイ 憲法改正・一番怖ろしいのは緊急事態条項

【大拡散希望】 10/20発売の日刊ゲンダイ(17面)『注目の人直撃インタビュー』で、私のインタビュー記事が掲載されました。 同記事は、ネットでも公開されました。 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/192194/6 リンクからご一読ください。 こちらは↓PD...
本日(5/3)、日経新聞と東京新聞に意見広告が掲載されています。
697

本日(5/3)、日経新聞と東京新聞に意見広告が掲載されています。

【大拡散希望】 ①本日(5/3)に、日経・朝刊全国版全面意見広告・13ページ(=「議論を自民党改憲案21条1,2項は、現憲法の言論の自由を否定」の一点のみに絞った意見広告) 日経新聞20160503 ②本日(5/3)に、東京新聞・全面意見広告(文責:一人一票実現国民会議)が出ます。内容は異なります。 東京新聞20160...
「自民党改憲案21条2項は言論の自由を否定している」20160307
629

「自民党改憲案21条2項は言論の自由を否定している」20160307

東洋経済オンライン編集部 記者 関田 真也氏による、升永弁護士インタビュー記事 「自民党は言論の自由を潰そうとしている」 です。 拡散希望します。 (記事) http://toyokeizai.net/articles/-/108325 なお、明日、明後日に朝日新聞と産経新聞で『言論の自由』に関する意見広告が出ます。 ...
昨日発売の「AERA」」(2013.7.29号)「現代の肖像 弁護士升永英俊」、文=山田清機氏
454

昨日発売の「AERA」」(2013.7.29号)「現代の肖像 弁護士升永英俊」、文=山田清機氏

昨日発売の「AERA」(2013.7.29号)に1人1票に関する記事が掲載されました(同誌48~52頁)。 記事は、  『「どうせ、世の中変わりませんよ」深夜1時。東京・六本木ヒルズのTMI総合法律事務所の一室。一人一票実現国民会議の共同代表であり、この運動の「いいだしっぺ」である弁護士升永英俊(71)の話を6時間ぶっ...
衆議院選挙制度改革 みんなの党は「一人一票案」
458

衆議院選挙制度改革 みんなの党は「一人一票案」

衆議院選挙改革案で、一人一票案がでました。   2009.8.30施行衆議院議員選挙での1票対0.43票の投票価値の不平等につき、最高裁大法廷平成23年3月23日判決は、一票の不平等の主因となる一人別枠方式は憲法に違反する状態に至っていると判示し、できるだけ速やかに1人別枠方式を廃止し、憲法の要請にかなう立法...
東京高裁平成22年11月17日判決 違憲・違法
360

東京高裁平成22年11月17日判決 違憲・違法

本日午後2時、東京高裁(第17民事部・南敏文裁判長)で一人一票(参院)裁判の判決言渡がありました。 違憲・違法判決です。  → 東京高裁平成22年11月17日判決   次は広島高裁平成22年12月10日午後2時です。期待します。   尚、私共グループで、東京高裁は、神奈川選管に対する同様の事件がもう...
Return Top