アクセス数  カウンタ

2015年2月アーカイブ

1人1票裁判(2014衆院)の弁論が、が始まりました

 1人1票裁判(2014衆院)の弁論が、が始まりました。

 

 私は、55カ月前に『日本は、一人一票を実現しなければならない』と考え、その時以降これまでに、1万時間超を人口比例選挙裁判の思索に費やしました。

 

 そして、発見がありました。

 

  【この人口比例選挙裁判の唯一の論点は、

 

     ① 憲法562項;

     ② 憲法1条;

     ③ 憲法前文第1文前段

  

  の3つの条規が定める【投票価値の平等の規範】を特定することである】


という発見です。

  

 【この発見】は、【憲法の各関係条規(即ち、①憲法第562項、② 憲法1条、③憲法前文第1文前段)の規範が、「投票価値の平等」の問題をどのように定めているかを知ること】が、この1票の不平等の問題の「解」を得ることになる、という、単純極まりないことです。

 

 裁判での原告の主張を、以下のリンクからご覧になれます。



  ・ 訴状


  ・ 原告準備書面(1)


  ・ 原告準備書面(2)


  ・ 原告準備書面(3)


  ・ 原告準備書面(4)

 




あなたは カウンタ 人目の訪問者です